IMG_9282[1]

世界史ナンバー2列伝 社会評論社 山田昌弘

名君に名参謀あり!

君主独りで大事業は達成できないし、参謀役は名君に仕えなければ、その実力を発揮できない。

この本では、ローマ帝国から現代まで、世界史上に名だたる名君と名参謀のコンビを取り上げ、その成し遂げた事績から、人間関係の相性のことまで、手短ながらもとても的確に紹介されている。

君主にとって、有能な参謀は諸刃の剣。自分の事業・野望を達成するためにその力は利用したいが、あまりに人気・実力・名声を得ると、自らの地位を脅かしかねない厄介な存在となる

一方、参謀側にとっては、デキる君主に仕えることが大前提!でなければ自分も出世できないし、実力を振るうことも出来ない。だが君主はあまり出過ぎたマネをすると、自分のことが目障りになって、左遷されてしまう。下手したら命が危険に晒される恐怖と常に隣り合わせ

このように一皮むけば、君主と参謀の間にも、お互いの立場を守るための虚々実々の駆け引きがある。しかし大事業を成し遂げたコンビは、個人的な感情や利害得失は後回しにして、国家の利益のために己の力を出し切った…

会社の上司や部下との関係を見つめ直す、良い材料にもなります。

ぜひ、歴史から、先人たちの智恵から学んで、あなたのビジネスと人生に活かしましょう!