ヨーロッパ史の英雄に学ぶ

【 ビジネス強運のつかみ方 】

一日一言・心に突き刺さる言葉

 

今日は、この人のこの言葉です。

シャルル・ド・タレイラン(1754年~1838年)

フランス政治家・外交官

激論で時間をつぶしたって、何ら得る所はない。

時間をかけて気持ちが鎮まるまで待つことが

肝心である

 

会社の会議でも国際会議でも、意見が対立して

議論が紛糾し、収拾がつかなくなることがあります。

こうなると、双方が「引いたら負け!」と思ってしまうために、

意固地になって主張を取り下げず、相手の意見も聞かず、

最後には「声の大きさ」で張り合ってしまうだけ、という

とても不毛な状態になってしまうことがあります。

こうなってしまったら、もう無理に続けても仕方ない。

いったん休憩を入れるなり、日を改めるなりして

気持ちが鎮まらないと、建設的な話し合いにはなりません。

逆に少し間を入れることで、感情と思考が整理されて、

話し合いがスムーズに進むことがあります。

 

ちょっとした時間が、気持ちを鎮めるのには

とても有効です。

待つことは、決して無駄ではありません。