ヨーロッパ史の英雄に学ぶ

【 ビジネス強運のつかみ方 】

一日一言・心に突き刺さる言葉

 

今日は、この人のこの言葉です。

エカチェリーナ2世

(1729年~1796年)

ロシア皇帝

なぜか知らぬが、私は自分が

いつの日かロシアの女帝に

なるであろうと心に信じて、

それを一度も疑うことがなかった

 

ドイツの小国からロシアに嫁いできた

エカチェリーナ。ロシアに生涯を

捧げようとロシア語を勉強しながら、

異文化にも慣れていきます。

ですが同じくドイツから養子に来た

夫は、鼻からロシアを馬鹿にする。

とても皇帝になる器ではない

国民に人気は自分に集中。

そんなある時、「このダメ夫に

代わって、自分がロシア皇帝に

就くのでは?」と予感したそうです。

そしてその予感は、やがて現実の

ものとなりました。

 

人生は「自分でこうなる!」と

決めた方向に動いていきます