ヨーロッパ史の英雄に学ぶ

【 ビジネス強運のつかみ方 】

一日一言・心に突き刺さる言葉

 

今日は、この人のこの言葉です。

シャルル・ド・タレイラン

(1754年~1838年)

フランス政治家・外交官

やらねばならぬことが多過ぎると意識する

結果、急いで物事を処理するのは禁物である

 

彼一流の、仕事哲学。

周囲からの評価は押しなべて「怠け者」

でしたが、要領よく肝心な点だけは

キッチリ押さえていました。

有能で仕事が出来て、真面目な人ほど、

早く仕上げなければ!」と自分を

追い込み過ぎて、苦しむ羽目に。

そして焦りがミスを呼ぶことも。

でも冷静に見直してみると、

本当にその日にやるべき仕事は

いくつありますか?

後回しに出来ることは、悪びれずに

後回しにしてしまいましょう。

内容によっては、その場ですぐに!

ではなくて、少し時間を置いた方が

良い解決になることもあります。

 

急いては事を仕損じる。急がば回れ!

焦らずゆっくりやった方が、かえって早い。

 

 

YouTubeでダイジェスト版の動画も

公開しています。良かったらそちらも

ご覧ください。

https://youtu.be/pfoqX_UOhic

 

☆アマゾンで販売中の本です(^^♪

アンリ4世表紙.jpg

「人ったらし王」アンリ4世の生涯

 

エリザベス1世表紙.jpg

「ヴァージン(?)・クイーン」エリザベス1世の生涯

フリードリヒ3世表紙.jpg

「大愚図皇帝」フリードリヒ3世の生涯

 

3冊合わせてご覧になりたい方は⇒コチラから