清く図太くしたたかに!3日で読める!リーダーが強運であり続けるための『人間学読本』
ブログ
  • HOME »
  • ブログ »
  • 書評

書評

気ままに書評コーナーのバックナンバーです。ここで紹介する本がきっかけとなって、ヨーロッパ史に興味を深めてもらえたら、とてもうれしく思います。

気ままに書評 『ヨーロッパがわかる~起源から統合への道のり』

『ヨーロッパがわかる~起源から統合への道のり』 著者:明石和康 岩波ジュニア新書   今、「ヨーロッパ」というと、各地でテロが起こっていたり、ドイツ以外は経済的に低迷していたり、イギリスがEU離脱に向けて進んで …

気ままに書評 「100年予測」「続・100年予測」

『100年予測』『続・100年予測』 ジョージ・フリードマン著 ハヤカワ・ノンフィクション文庫   今から100年前のこと、1918年のことを鮮明に記憶している人、と尋ねられて手を上げる人は、今現在で少なくとも …

気ままに書評Vol.5 名画で読み解くロマノフ家12の物語

『名画で読み解くロマノフ家12の物語』 中野京子 光文社新書   中野京子さんによる『名画で読み解く』シリーズ第3弾です。 ロマノフ家は、江戸時代に大黒屋光太夫が謁見したエカチェリーナ2世、皇太子時代に日本を訪 …

気ままに書評Vol.4 名画で読み解くブルボン王朝12の物語

『名画で読み解くブルボン王朝12の物語』 中野京子 光文社新書   中野京子さんによる『名画で読み解く』シリーズ第2弾です。 フランスという国のブランド力、フランス革命という歴史的大事件、マリー・アントワネット …

気ままに書評Vol.3 名画で読み解くハプスブルク家12の物語

『名画で読み解くハプスブルク家12の物語』 中野京子 光文社新書   スイスの片田舎の一豪族に過ぎなかったハプスブルク家。そんな一族がヨーロッパの半分以上を支配するまでに大きくなっていったのは、「世渡りがうまか …

気ままに書評Vol.2 オペラでわかるヨーロッパ史

オペラでわかるヨーロッパ史 平凡社新書 加藤浩子 教科書を読むより面白い! 「オペラ」を日本の伝統芸能に例えると、歌舞伎に近いかもしれません。 その国ごとの歴史上の事件を題材にして、それに観衆受けするような脚色を加え(も …

気ままに書評Vol.1 世界ナンバー2列伝

世界史ナンバー2列伝 社会評論社 山田昌弘 名君に名参謀あり! 君主独りで大事業は達成できないし、参謀役は名君に仕えなければ、その実力を発揮できない。 この本では、ローマ帝国から現代まで、世界史上に名だたる名君と名参謀の …

PAGETOP