清く図太くしたたかに!3日で読める!リーダーが強運であり続けるための『人間学読本』

プロフィール

  • HOME »
  • プロフィール

 

清く図太くしたたかに!

3日で読める!リーダーが強運で

あり続けるための人間学読本

ヨーロッパ英雄史小説作家

小園崇文です!

 

●主な著書

 

2017年4月 『「大愚図皇帝」フリードリヒ3世の生涯

2017年5月 『「ヴァージン(?)クイーン」エリザベス1世の生涯

Amazonで発売

下記のリンクよりご覧ください

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

小園崇文 Amazonでの書籍一覧

 

 

「賢者は歴史に学び、愚者は経験に学ぶ」

(オットー・フォン・ビスマルク プロイセン・ドイツ帝国宰相)

私は、学生の時から歴史、特にヨーロッパ史が好きで、

社会人になってからも行き帰りの通勤電車の中や仕事の休憩時間には、

寝る間も惜しんで(笑)、ヨーロッパ史に関する本をむさぼり読んでいました。

ある時、仕事が上手く行かずにマネージャー降格、というつらい経験をすることになりました。

そんな失意の自分を救ってくれたのが、ヨーロッパ史の本を読んでいて記憶に残っていた

 

ドイツの鉄血宰相・ビスマルクの冒頭の言葉「賢者は歴史に学び、愚者は経験に学ぶ」

 

自分一人が経験したことよりも、歴史の中には過去の偉人たちが、

自分が経験したことよりももっと大変な試練を乗り越えたノウハウが詰まっている!

 

そう思い返した僕は、改めて色々なヨーロッパ史の本を読み返し、

歴史上の偉人たちから試練を乗り越えるノウハウを学びました。

 

そうしていくうちに、仕事でも失敗を取り返すことが出来、

再びマネージャーに返り咲くことが出来ました。

 

そして私は、自分に「試練を乗り越える力=強運」をもたらしてくれた

ヨーロッパの歴史を、より多くの人に伝えたい!と考え、

一人でも多くの経営者の方に強運を掴んでもらうために、

「リーダーが強運であり続けるための人間学読本」

ヨーロッパ英雄史の作家として、ヨーロッパ史小説を書き始めるに至りました。

 

 

 

 

PAGETOP